「楽しい」ことは「楽」じゃない。多少疲れて危険なことでも、とりあえずやってみよう。


by junbo0201

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

お気に入りブログ

dimbyroad
Start from S...

カテゴリ

全体
てきとースキー
気ままにBC
お気楽登山
カナヅチサーフィン物語
散策
やさぐれ日記
未分類

最新の記事

綺麗な朝日とサンクラスト
at 2017-01-22 18:13
あわよくばA、パウダーあるら..
at 2015-03-06 18:35
今日もいい日
at 2015-03-05 20:59
TK狩り
at 2015-03-03 19:31
ヌプヌプ
at 2015-03-01 21:57

以前の記事

2017年 01月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月

ブログパーツ

ライフログ















検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

立山写真

剱御前小舎から雷鳥沢へ行く道。
f0128733_181488.jpg


イワセキレイ?
f0128733_18163716.jpg


ライチョウとおぼしき羽
f0128733_18201739.jpg


日暈
f0128733_18221075.jpg


てぬぐい
f0128733_18231183.jpg


f0128733_182409.jpg

[PR]
by junbo0201 | 2011-05-08 18:24 | お気楽登山

縦走BC

下山日。帰りたくない病発症。前日の夕食後に同部屋のAさん(65)とお兄さん(28)とガイドのドルフィン出身ジョニーさん(年齢不詳)と飲み散らかして、23:30就寝。室堂山‐国見岳縦走で天狗山荘からバスに乗るプランをもらい翌日08:00出発。

室堂ターミナルが人ゴミで溢れかえってるΣ( ̄。 ̄ノ)ノ観光客に登山パーティ、そして単独行のおっちゃん達にひざさん。しかもみんなひざさんの足元を凝視w春山向けじゃないもんなー(笑)
そして取り付く室堂山。直登してくれと言わんばかりの斜面。ここはやはりハブさん登り。

「むんっ」
f0128733_9192928.jpg

きっと室堂ターミナルの観光客に届いたハズ、ハブイズムw
急登を終えるとなだらかな丘が現れる。下からだと分からない丘。これに乗っかれば室堂山制覇達成。お隣の浄土山が迫る。呼ばれた気がしたけどスルーw今日はスキーをする日。
f0128733_9211463.jpg

立山以南の北アがキレイに見渡せる。水晶岳に赤牛岳、槍ヶ岳。
もちろん剱岳も相変わらずかっちょいい。
f0128733_9231283.jpg

これから行く国見岳。いままで見えなかった富山平野に富山湾も見える。
f0128733_9241170.jpg

国見の尾根まで滑る。ゆるい感じ。

国見尾根はまったくゆるくなかった!
f0128733_9245510.jpg

結構なナイフリッジじゃん!よくAさん(65)行ったなぁ!と思うくらいw今日はお気楽にアイゼン太郎しないつもりだったけど、仕方なく装着☆腐れ雪で埋まるぅ~!雪を踏み抜かないよう気を使う。コワイ\(^o^)/
休憩がてらひざさんも雪の大谷を観光したよ!
f0128733_9262363.jpg

そして山頂へ。尾根と違いなだらかなので、最高点をゆっくり選んでピークハント完了♪
剱がキレイに見えてしばし見とれる。

カルデラでらでら。

おそらくは今シーズン最後と思われる滑降を楽しむ。太ももwwチギれるwwww
f0128733_9282141.jpg

そのまま天狗山荘に降りてバスに乗車!
すると大量のアニョハセヨがたくさんwww異質なものを見る目で見るなwwこれがジャパンスタイルじゃいwww
でも彼らはバスが見所に通りかかると一生懸命写真撮ってて、なんだか好感を持ちました。一生懸命楽しもうとしてる◎
f0128733_9293097.jpg

f0128733_9312140.jpg

バスの途中で昨日飲み散らかし仲間の富山愛のお兄さんが乗り込む!偶然が嬉しい瞬間。美女平到着後ケーブルカーで立山に。お兄さんは車で旅の続きだそうな。
立山の旅館にデポした荷物を回収しに行ったらおっちゃんがシャワー浴びてけ!荷物も整理してら送っちゃる!とな。めちゃ良い人!
心も体もキレイになって、帰京しますか~。全然気が乗らない。顔が痛い。

てなわけで、岩本山岳会世田谷支部無酸素単独斑、無事に立山を開山しました。
[PR]
by junbo0201 | 2011-05-07 21:00 | 気ままにBC

信仰登山

朝鏡を見るとチベット族に会いました。
顔焼け過ぎっ\(^o^)/
I am a Tibetan.


立山信仰の主体である雄山(3003m)。
社があります。夜は灯りが点きます。
今日は信仰心0の信じられるのは自分だけ!他人は疑え!神様なんて詐欺の類!宗教は信じたもんの一人負け!のひざさんが登っちゃう!(乱暴に書き過ぎ笑)

08:30ベースのみくりが池温泉を出発。
本日の作戦は雪が腐るのを待って、最高の腐れ雪(笑)を堪能する作戦です。朝の雄山直下輝き過ぎ(笑)完全にカリってるwww
f0128733_136749.jpg

6日09:00高気圧が抜けて低気圧が近づく予報なのでリミットは15:00として、今日もオッツラヘッツラ~。前半戦は一ノ越山荘(2705m)までの道のり。
みくりが池の脇とみどりが池をS字状に抜けて室堂山荘(2450m)へ。ここからは様々な人が歩いてた。山屋さんはもとよりBCスキーヤー、ボーダー、はたまた観光客(クランポン未装着)。山屋の歩きは早くて、よけて行けばいいのに、先行者の後ろにピッタリマーク。ツボ足スキーヤーや観光客はアセらされてる状態。なんかイヤな感じ。もちろんはざさんは後ろを取られる前によける!すると後続者は息を切らせながら通過www
f0128733_1372630.jpg

のらりくらりと歩いた平坦路が終わり、一ノ越直下の急登。沸き上がる羽生イズム。ひたすら直登!しかもギア一速上げw急坂直登最高!
f0128733_1382158.jpg

一ノ越到着10:00。
f0128733_140456.jpg

すっげぇー!!また槍おがんじゃった!!大迫力!写真じゃ伝わらないくらいのスケール!御山谷も深い!ここを降りると黒部ダムに着くみたい。数パーティーが降りて行く。流石に年齢層が高めなので奇声は聞こえないw
f0128733_140437.jpg

作戦のため1時間程大休止。タバコうめえ♪( ´▽`)

シール外して、板をザックにデポ、クランポン装着のピッケリングに換装して10:30アタック開始。
ここからは山屋ともの好きなBCフリークのみの道(?)

岩本山岳会全隊員に告ぐ!

ミックスはやべぇ!
f0128733_143350.jpg

この尾根登攀がね、超☆コワイ\(^o^)/
雪と氷にミックスされた岩場…  岩とケンカする俺の爪。不安定。しかも高所恐怖症なんだと思わされるこの高度感。

降りたい気持ちと降りる恐怖で行くしかない状態。

「岸よ~、岸よぅ~」
f0128733_148535.jpg

「俺を撮れ。俺が逃げ出さないようにな。」
f0128733_144497.jpg

「これが…3000mの人の肉体なのか!」
「むんっ」
f0128733_146727.jpg

「落ちて死ぬまで俺はやめない」
f0128733_1473464.jpg

リアルな神々の頂ゴッコ(一人)で12:00山頂到着。なんと!1等三角点があるじゃないですか!点の記読者のひざさんに先人の苦労がほとばしるw苦労のわかる人間、ひざです。
f0128733_150174.jpg

雄山の御社に。最高点3003m。人生2度目の3000m。
槍も剱も丸見えです。
f0128733_151850.jpg

f0128733_1544366.jpg

f0128733_153254.jpg

そして恐怖の山崎カール滑降。
なにが恐怖って、超急斜面でファットスキーを履くことw
パウダーじゃないしワンミスで板だけ下山www
f0128733_155249.jpg

肝心のカールは超楽しい。作戦が功を奏し、いい腐れ雪。ターンするごとにスラブが流れる。足元はまるで地吹雪。スリル満点。
f0128733_1561214.jpg

心配していた雪はまったく安定。雪割れも雪しわもまったくなし。黄砂できたないだけ。
f0128733_157657.jpg

下まで降りきって、カールを眺めて、ちょっと早いけどベースに戻って、温泉。
f0128733_1575028.jpg

最高~♪メシ食って、談笑。スキーするために通い詰めてるみくりが池の主のようなAさん(65)と写真を取りに来た人、雷鳥見に来た人、富山を愛しちゃった人、ガイドしてるジョニーさんと様々な人たちと接しました。ついでにお酒も飲んじゃって最高な夜に…


帰りたくない
[PR]
by junbo0201 | 2011-05-06 16:35 | 気ままにBC

剱岳

701年(大宝元年)立山霊山開山。
立山曼荼羅最左端に青白い針の山として描かれた山。以後、登ってはいけない山、死の山、立山信仰上の禁忌。
弘法大師が草鞋三千足を使っても登れなかった山。

明治40年7月12日、陸軍省陸地測量部三角科測量官、柴崎芳太郎率いる測量隊の宇田長次郎をリーダーとする偵察隊により登頂がなされた。

そこで発見。

前に誰か登ってんじゃんよーorz
錫杖と宝剣転がってたぞオイ_| ̄|○

~点の記より~

今回の立山行きの8割はこの剱岳が見たくてです。

5時起床、5:10のケーブルカー乗車券の売り出しに急ぐと…もう行列( ;´Д`)
始発の6:00にして、速攻メシ食って出発!
1時間程で室堂ターミナル到着し、そのまま今回のベースとなるみくりが温泉(2410m)へ。
f0128733_1215682.jpg

天気、まさかの都市伝説!いや、春だからなるべくしてかな?でも、サイッコ~に気持ちええ!
07:30まずは剱御前小舎(2750m)へ向け、前進開始。シールつけて正月以来のペッラタコッタラ。すると…雷鳥沢取り付きまで結構下るじゃないですかー(>_<)仕方なくシール外して滑る!

いやっほー・・・

クラッシュ!!

朝は硬い!バターはクラストに向いてない!言い訳!しかもなんか腰痛めた!
意気消沈しながら雷鳥沢取付きのテン場(2277m)まで下る。
f0128733_123931.jpg

またシールつけて登る。キツイ。まさに胸をつく様な登り。汗だく!しかもポカリ落としてたΣ(゚д゚lll)仕方なく足元のザラメ雪を食べる。(´Д` )
途中シール登攀ムリと判断してクランポン装着、カリカリで滑落怖いのでピッケリング。雷鳥沢上部(2700m)でパシャリ。
f0128733_1234338.jpg

バックが剱岳だと思い込んだ痛恨のミス!
しっかし、眺めがすげぇ。槍ヶ岳まで見えちゃう大サービス。しかも北鎌尾根側じゃね?
f0128733_1245565.jpg

装備そのままで剱御前小舎へ。ポカリ売ってるー!調子こいて三ツ矢さんのサイダーもゲット!お値段なんと¥900!タカタさんも驚きのこのお値段w
一服いれて…あれ?剱岳見えるじゃん!

でも、もっと近くで見たいっちゅーことで、剱御前(2776.6m)へ。途中でもパシャリw
f0128733_130559.jpg

息が切れる。きっと高山病。うん、そーゆーことに♪(´ε` )
ここを本日の山頂とする!
f0128733_1255715.jpg

だって死の山なんだもん。見れば見るほど(笑)かっちょよ過ぎ\(^o^)/
のぼっちゃイケナイ登れない山でした(笑)

剱沢も広大な斜面でおそらく滑り応え満点!
f0128733_127215.jpg

剱御前小舎へ戻る際にプチ滑降。お!腐れ雪めちゃ滑りやすい!雷鳥沢も腐れてて楽しく降りられる!

テン場まで降りた時点で遅めのお昼を。
f0128733_1281463.jpg

山菜おこわにシーフードを混ぜてしまうひざさんのセンスに脱帽じゃないか。てか、ココ窪地になってて風がまったくといっていいほどない、無風。いいトコ選んでるなと関心。

小1時間程大休止して宿場へ帰るまでの登攀。標高差160mくらい?精神的にきっついぜ!

日本一標高の高い温泉は残念ながら露天は無いけど、乳白色のチョイぬめでいい湯でした。

立山はかなりアップダウンがある複雑な地形だからルート選定以上に起点と終点の設定がミソだなぁと思う。連泊の場合は、特に。みくりが池温泉への登りはひどし。

明日は主峰にでもお出かけしますかな~
f0128733_1291888.jpg

[PR]
by junbo0201 | 2011-05-05 21:00 | お気楽登山

東京、脱走

ガラスの街、富山。
神通川、富山。
イキイキ、富山。(公式チャッチフレーズ)

住民の半分がおじいちゃん。
もう半分がおばあちゃん。
(ラーメンズ調べ)



10:13東京発MAXトキに滑り込む様に乗車。
08:45まで仕事しとったら余裕ねーのw

車内販売の牛飯をいい席でおいしい♪( ´▽`)

11:28越後湯沢で乗り換え、特急はくたかで「風景さえおいしい、潤いの街」新潟を経由し、「イキイキ」富山へ。
越後湯沢は桜が満開咲き乱れて春を謳歌。
富山の北アルプスは未だ白い頂。
季節は逆行、気分は上々、富山はイキイキ!

f0128733_11733100.jpg

富山駅前の「集」という蕎麦屋さんでザルセット頼むとうどんもついてきた。きのこの山とたけのこの里くらい犬猿の仲だと思っていたから新鮮、しかもいい味だしててどちらもうまいっちゃ!

そして本日の宿泊地でもある立山駅に向かうため、富山ローカル線で揺ら…れ…いやっ揺れすぎっ\(^o^)/
f0128733_1142912.jpg

しかも単線路だから駅で電車待ちがいちいちある。なに、こののんびり感wイキイキ\(^o^)/
f0128733_1151482.jpg

明日は朝一で室堂に上がります!
f0128733_1191768.jpg

[PR]
by junbo0201 | 2011-05-04 15:07 | 散策