「楽しい」ことは「楽」じゃない。多少疲れて危険なことでも、とりあえずやってみよう。


by junbo0201

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

リンク

お気に入りブログ

dimbyroad
Start from S...

カテゴリ

全体
てきとースキー
気ままにBC
お気楽登山
カナヅチサーフィン物語
散策
やさぐれ日記
未分類

最新の記事

綺麗な朝日とサンクラスト
at 2017-01-22 18:13
あわよくばA、パウダーあるら..
at 2015-03-06 18:35
今日もいい日
at 2015-03-05 20:59
TK狩り
at 2015-03-03 19:31
ヌプヌプ
at 2015-03-01 21:57

以前の記事

2017年 01月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月

ブログパーツ

ライフログ















検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日勝峠BC

修士論文を書き上げたOPきょと私ひざはBCを企みました。
しかし、前回の恵庭岳で雪山登山に著しくやる気を低下させていたひざと急がしすぎて今回が今期初BCのOPきょの2人はスキー中心で行くことをテーマとして、今回のお気楽コースである日勝峠を選択した。

2008年2月23日午前2:00  OPきょ起床
           午前3:00  ひざ宅到着
           午前3:30  出発
           午前7:00  入山
f0128733_3712.jpg

天気は悪いが、奥にさえ行かなければ迷うことはないので気楽に登りだす。
f0128733_382266.jpg


           午前9:00  山頂
山頂を越えたところで休憩。装備が過剰になったひざ。
f0128733_310682.jpg

絶対に使うことなんてないのに買ったばかりで嬉しくて、ザックにはザイル、腰にはハーネス、もちろん山屋の魂ピッケルも装着www

           午前9:30  ツリーラン開始
f0128733_3123113.jpg

全開バリバリのパウダーじゃないけどなかなかの雪。
木の生え具合が最高ですべってて気持ちいい。
気がつくと登りだし地点よりも下ってしまったが、それはそれでいいんじゃない?ってことで登り返し。
f0128733_315562.jpg

しばらくするときょの疲れが見え始め、昼食をとることに。
         確か午前11:00 再出発
中々トレースにたどり着けない。地図は忘れた。きょは明らかに疲れてる。ザックが重い。

クソッ こなん持ってこなきゃよかった・・・

尾根上は風が強い。

あれ?道間違えたかな?違う尾根登ってる?いや、そんなバカなね。大体下りすぎたのがいけなかっただけで平気平気。

なんて不安を抱えつつ、ピークへ到着、一安心。
ここからはトンネルの反対側へと出る斜面を滑る。
さっきみたいに調子に乗ると痛い目に合うから標高200mは残してトラバースすることにして、ただっぴろい片斜面をいただきます。
作戦は大当たりで車までラク~に帰る。
             午後2:00 下山完了
激しい空腹に襲われたため、駆け足で清水町の超高級レストラン「有楽町」へ
ここはメニュー「ホルモン」「ジンギスカン」のみ
傾いた座敷に座り「ホルモン」を注文。
2年前の味わいそのままにスーパーうまいオリジナル料理をたらふく食べて、温泉入るために新得町へ。
TACのすぐ近くだが、Ryuさんは不在とのことでスルー。
新得駅内の立ち食い蕎麦もやっつけ、
             午後5:00 札幌へ出発
日勝峠では猛烈な吹雪で超スロー運転。
しかし、日高では雪すらない。
その後は順調に…、ホント順調に車は走った。
悲劇はマオイの丘を越えてから起こった…

             午後20:00頃 停滞
マオイの丘を越えてすぐにまったく進まない渋滞に捉まって、なにがなんだかわからずに停滞。
外に出て先を伺うも、見える範囲はテールランプの連続。
いつ進むかわからないので寝るに寝られず。
事故かな?と待つことに。

             午後22:00頃 あまりの閉塞感にひざの精神が崩壊
「大地の怒りに触れたんだ、オームが怒ってる。見ろ、この赤い光(テールランプ)の連続を。」
「なぎ払え!どーした、バケモノ!」
「私達、風になってる!!」
「悪魔の実食べるなら、何の実がいい?おれ、ビュービューの実。ロギア系は最強だからな。こいつら全員吹っ飛ばしてやる」

ラン ランララ ランランラン ラン ランラララー♪

             午後23:00 50mほど進むも燃料がやばくなる
人生でもっとも無駄な時間を過ごしていることに気付き、引き返す。
しかし、コンビニも道の駅も車が詰まり過ぎて進入不可。
夕張まで戻ってバリバリすることにするも、地吹雪で道路が消える。進めない。たぶん今までで最強の徐行。
やっとの想いで防風柵のあるところで停車。
エンジン停止、きょにハザード番をお願いしてお休みなさい。
だけど風で揺れる車とぺちぺち当る雪の音が不気味な雰囲気を醸し出す。
たまに鳴るハザードの音に安堵を憶えながら気付くと1時間程睡眠でき、スッキリ。
道路パトロールの人が抜け道と他はそんなに荒れてないことを教えてくれたので進むことに。
苫小牧と岩見沢を結ぶ道路に出てビックリ、通行止めにされてる!
そしてラジオで岩見沢も雪がヒドいと聞いていたので、苫小牧経由で帰ってた。

2008年2月23日午前5:30 ひざ宅到着

36号線も大渋滞。途中何台かスタックしている。
進まない車列でウトウトしてるといつの間にか置いてけぼりにされていたりwww

やっとの思いで家に着いても車止めるところがなくなってて1時間以上の除雪作業…


面白いことに274号線で札幌側から夕張に向かっていたRINさんも立ち往生してるとwww 
一晩ビバークしたらしいwww

何はともあれ無事に帰ってこれて良かったー!な山行になったとさ
[PR]
by junbo0201 | 2008-02-23 23:58 | 気ままにBC

ついにあの高みへたどり着いた岩本山岳会の巻

f0128733_27861.jpg

岩本山岳会のホームマウンテン的存在のあの高み。

尖りっぷりがかっこいいあの高み。

危険が危ないあの高み。



みんな大好き恵庭岳。


そう、今回はついにあの高みの恵庭岳へ。
秋に2回登頂、そのどれもが心に残る名峰。
岩本山岳会として厳冬期に登っておきたいと常々思っていた。
f0128733_212978.jpg

寝起きから珍しく好調な私、ひざ。朝焼けに絶好調な予感を感じながら、もはや岩本山岳会冬季主要アタック隊となった隊長KNGさん、カメラマンRINさん、囮部隊ひざの3人は厳冬期恵庭岳北東尾根 くの字ルート無酸素行開始。
厳冬期とは思えないドピーカン
f0128733_2204013.jpg

f0128733_218153.jpg

今までにないくらいの見晴らしに、あんなとこやこんなとこまで丸見えです。
f0128733_220132.jpg

そんな山行も最大の難所、もとい、お楽しみポイントの山頂のガレ場へ到着
f0128733_2242223.jpg

一部では胆振のグランドジョラスと囁かれている、スーパーな壁。
ここからは夏道と同じくクーロアールを抜けて山頂へ。
f0128733_2261729.jpg

実質的にピッケルの初陣です。グローブで行き着きの岩にホールドが取りにくい状態でピッケルのグリップに感動を覚えつつクーロアールを抜ける。
f0128733_2285538.jpg

f0128733_229895.jpg

見とれる2人の目の前に広がる・・・
f0128733_2295837.jpg

この支笏湖!これだけでもそれまでの疲れなんて忘れてしまう。
最後のロープ場も無事越えてたどり着いたあの高み。
写真にも力が入る。
f0128733_2332885.jpg

f0128733_2334696.jpg

f0128733_2342038.jpg

f0128733_235346.jpg



帰りはザイルを使ってのセーフティー下山でガレ場を越えて、スキー装着。
登りに滑りたいと企んでいたところも疲れと満足感であきらめつつセーフティー下山。
途中道を間違えたひざは一人沢へと迷い込む。

携帯は圏外。
隊長達の声も擦れる。
地図なし。
このままでも降りられるが、隊長たちが探すといけない。
かといって声が聞こえなくなるので不安が募る。夕暮れも誓い。
でもなかなか越えられない尾根。
ツボ足ではぬかに釘を打つかのような足応え。
必死に5、6mほどの急斜面を越え、トレース発見。
激しい息遣い。
笑うひざ。
足が重い。

やっとの思いで隊長たちに追いたころには足は終わっており、生まれたての小鹿状態。
車に到着、片付け途中で日が暮れる。

でも初めて暗くなる前に恵庭岳から下山www
最高の1日はその後の隊員達のモチベーションを低下させるほどの破壊力を持っていました。
[PR]
by junbo0201 | 2008-02-10 22:13 | 気ままにBC

シャクナゲ~チセ

f0128733_1115562.jpg

シャクナゲ~チセ縦走計画、メンバーはリーダーけんきちさんサブリーダー荒ちゃんさん、人妻ななさん、スピード出しすぎヨッピーさんたちにくっついて行ってきました。
f0128733_1141644.jpg

ニセコは標高の割に木がなく、ホワイトアウトしやすいのでリーダーがデポ旗を準備してくれた。一人1本。これが後に変なところで役に立った。
f0128733_1172899.jpg

一行はひとまず最初の目標、シャクナゲへ。後にそびえるチセヌプリ。パウダースノーに覆われた雪原を進む。
f0128733_1193571.jpg

斜面に取り付くとクラストしていてシール組はなかなか進まない中、スノーシューの荒ちゃんさんはグイグイ標高をあげる。対象的に俺はロイヤルメイク。(滑落)
ヨッピーさんはシール登傾に不慣れらしくかなりお疲れ状態www
f0128733_1242421.jpg

山頂に着くなりこのザマwww
ここで雪庇ギリギリから下を覘いているときに荒さんが雪崩チェックに雪庇ツンツンすると…
亀裂が走ると同時に俺のすぐ足元が消え去る事件発生。おもしろかったwww
そしてお楽しみタイム。
f0128733_1283099.jpg

テレマーカーななさん
f0128733_1295944.jpg

かっ飛ばす荒さん。

昼食後、チセへ。
取り付いてみると結構深い。ラッセルしてくれたのはリーダーけんさん。サボっていたのは俺です。すみません。
さぼりはいけないとの事で途中からトップで登る。何もない斜面を変にジグって雪崩れてもいけないと思い、思い切って螺旋状に登る勢いで登傾。すると後の人が遅れだす。中々見えてこない。しばらくするとデポ旗がヒョコッヒョコッと見えてくる!ベンリ!
f0128733_1322869.jpg

チセ山頂ではファッションで装備してきたピッケルを手にパシャリ。これがしたいがために購入した度50%。

f0128733_13409.jpg

第2のお楽しみタイム前のコースインスペクション
ゴーグルの下は飢えた獣の目をしていただろうくらい、よだれダラダラな斜面
f0128733_1354115.jpg

みなさん奇声、雄たけびを上げて雪煙の中へ消えていく。もちろん俺も雄たけぶ。

f0128733_1372681.jpg

スキー場に出る最後の斜面に朝からチェックしていたクリフといってもいいんじゃないかって思われる超巨大マッシュへ。
俺はもちろん超セーフティースキーヤー、飛ぶわけありません。
あらさん、よっぴーさん、けんさんそれぞれ飛ぶ。特によっぴーさんはそれまで死んだ魚の様な目をしていたくらいへばってたのに、飛ぶとなったとたん超イキイキ!www

無事全員下山後は温泉浸かって帰札してきましたとさ。

おわり
[PR]
by junbo0201 | 2008-02-02 23:09 | 気ままにBC