「楽しい」ことは「楽」じゃない。多少疲れて危険なことでも、とりあえずやってみよう。


by junbo0201

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

お気に入りブログ

dimbyroad
Start from S...

カテゴリ

全体
てきとースキー
気ままにBC
お気楽登山
カナヅチサーフィン物語
散策
やさぐれ日記
未分類

最新の記事

綺麗な朝日とサンクラスト
at 2017-01-22 18:13
あわよくばA、パウダーあるら..
at 2015-03-06 18:35
今日もいい日
at 2015-03-05 20:59
TK狩り
at 2015-03-03 19:31
ヌプヌプ
at 2015-03-01 21:57

以前の記事

2017年 01月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月

ブログパーツ

ライフログ















検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

日本古来の歩き方

いきなり途中でであったおじいちゃんの写真から入ります。
f0128733_2184516.jpg

何を隠そうこのスキーは木製で本物の(ゴマフ)アザラシの毛が付いていたんです!
山の家で休憩中談笑してると数々の名言を発して神のようでした!w
いくつか紹介したいと思います。
「私、82歳なんです!」
「百名山なんて関係ない!見えてる山をすべて登るんだ!!」
「いままでで2人のサムライに出会った」
「山は生きる喜びがわかる!」


本題に入ります。
今日は散々迷った挙句、札幌の山スキーの殿堂、奥手稲山にBC!
アプローチの長さが足を遠のかせてたけど、未知の山へ行きたいと言う冒険願望が勝りいざ出陣!
メンバーはO-Pのみ!!メンバーってかバディだ。w

8:20入山
今日は天気が良くて山歩き日和だ♪O-Pも心なしか笑顔(?)

f0128733_19561751.jpg



f0128733_2062398.jpg
頼りない細いスノーブリッジをいくつも超えて小一時間・・・
なかなか見えてこない。標高もまったくかせげてない。
たちまち疲れてきてO-Pの太ももの付け根が心配になってくる・・・
そしたら自分の付け根もなんか怪しい・・・
だましだまし歩いてて気付いた!ナンバ歩きだ!!コレダー!!
すぐにO-Pに報告。すぐに試すO-P!!ラクダー!!
しばらく歩いて後ろを見るとヘンテコな動きをするO-P。www
きっとO-Pからもヘンテコに見えてたのでしょう。



そんなこんなでダラダラ歩いてさらに1時間。
やっと!!やっと看板が!!「山の家まで0.3km」(右写真)f0128733_20162358.jpg
張り切って進むと・・・
見えたっ!!(下写真)f0128733_20184978.jpg











f0128733_2021961.jpg

      見えてるのに看板が・・・
            とりあえずパシャリ!







山の家到着11:50・・・

f0128733_20273934.jpg


ここまでで3時間半・・・

とりあえず中で休憩させてもらう。f0128733_2034063.jpg
待ちに待ったお昼ご飯!!

中は昭和5年建設とは思えないキレイでシッカリした三階建ての木造小屋。
「最大48人泊まれます」ってすげー!!2、3階は寝床。吹き抜けの真ん中はストーブ。
ナベにはもってこいですな!!


食った後、小屋にあった石炭に火を付けようとするO-P!w
てかこの21世紀に石炭ですよ!!セ・キ・タン!!
これがまたなかなか付かない!夢中でファイヤーしてたら時刻は13:10。


いっかーん!!てなことで奥手稲山は諦めて家脇のピークへ舵を取る!
f0128733_20415017.jpgここから急斜面が続く。
いつものごとく目の前に人参ぶら下げられた馬のごとく登るひざでございましたw
f0128733_20431145.jpg







ある程度登って、ピークらしきところまででストップして、シール、トレッカー閉まって「いただきます!!」

f0128733_20473360.jpg




f0128733_20474843.jpg

f0128733_2048242.jpgO-P絶好調!斜面も最高!
さすがメジャールートだけありました。


あまりのおいしさにおかわり!!w

f0128733_22333395.jpgf0128733_22334355.jpg





f0128733_222775.jpg

結局2本滑って14:00帰路へ。
大変なだらかでチョクチョク登りまであるもんだからもう・・・
スル~と滑るところはまあ楽しい、自然のウエーブ。
だけど下りで1時間かかる有り様・・・
体力つけなきゃな~。まあ、オレは疲れてないけどね!!

・・・うん、強がりです。
総括としてはアプローチの長さはいただけないけど、確かに面白い、楽しい斜面があって、山の家まであるので1泊して楽しむのが今の僕らにはベストじゃないかと思う山でした。いや、1泊を含めて楽しみたい山でした、はい!まだまだおいしそうな斜面がいっぱいだったし!!
[PR]
by junbo0201 | 2007-01-28 21:19 | 気ままにBC